新型コロナウイルス感染症の拡大等を受けた在留諸申請の取扱いについて

新型コロナウイルス感染症の拡大等を受けた在留諸申請の取扱いについて

1.帰国困難者に対する在留諸申請の取扱い

新型コロナウイルス感染症の影響により,帰国便の確保や本国国内の住居地への帰宅が困難であると認められる者に対して,原則とし
て以下のとおり措置する。
① 「短期滞在」で在留中の者
⇒ 「短期滞在(30日)」の在留期間更新を許可する。
② 「技能実習」又は「特定活動(外国人建設就労者又は外国人造船就労者)」で在留中の者であって,従前と同一の受入機関及び業務で
就労を希望するもの。
⇒ 「特定活動(30日・就労可)」 への在留資格変更を許可する。
③ その他の在留資格で在留中の者(上記②の者であって,就労を希望しないものを含む。)
⇒ 「短期滞在(30日)」への在留資格変更を許可する。

2.在留資格認定証明書交付申請の取扱い

新型コロナウイルス感染症に関する上陸制限措置対象者に対する在留資格認定証明書交付申請について,原則として以下のとおり措
置する。
① 既に在留資格認定証明書交付申請を行っている場合
⇒ 審査を保留する。
② 申請中の案件について,活動開始時期の変更希望が示された場合
⇒ 受入機関作成の理由書のみをもって審査する。
③ 再入国出国中に在留期限を経過した者など,改めて在留資格認定証明書交付申請が行われた場合
⇒ 申請書及び受入機関作成の理由書のみをもって審査する。

無料お問い合わせ(免費咨詢)

当事務所へのお問い合わせ、ご質問等は下記のフォームにご入力ください。

ご入力いただきました個人情報は、お問い合わせ頂きました事項への回答送付の目的にのみ使用させて頂きます。

当事務所のアクセスについて、こちらにご確認ください。

 

向本事務所咨詢、提問時,請填寫下方的咨詢記入欄。

其中填寫的個人信息,僅用於回答您所提出的問題,絕不用於其他的目的。

如果想拜訪本事務所,請參考此頁面

お問い合わせフォーム(咨詢表格)

もし面談ご希望になる場合、「お問い合わせ内容」にご希望の候補日時を三つをご提示ください。

※事情により、ご希望に合わない場合もございます。 予めご了承下さい。

※第1~第3までのご希望日は重ならない様、お願い致します。

※例:第1希望:2020.2.1 14時、第2希望:2020.2.2 16時、第3希望:2020.2.3 18時

 

想要直接預約面談的客人,請在【咨詢内容】内提供3個候補時間。

※由於某些原因,在希望的時間可能無法接受面談,請悉知。

※第1~第3的希望時間請不要重複。

※舉例:第1希望:2020.2.1 14點、第2希望:2020.2.2 16點、第3希望:2020.2.3 18點