経営・管理ビザ変更申請の流れ

経営・管理ビザ変更申請の流れ

1,第1回の相談

  • 基本的な流れ、会社設立と経営・管理ビザ申請の説明
  • 申請人の在留状況、創業計画等の確認
  • 申請要件と申請人の条件を合わせて、申請できるかどうかを判断します。

2,第2回の相談

  • 委任契約書を締結します。
  • 申請人が簡単な事業計画書を作成します。
  • これからの具体的なスケジュールを確定します。

3,事務所を借ります。

  • 店舗型の商売は、必ず店舗まで用意しなければなりません。
  • レンタルオフィスが可能です。
  • 弊所は事務所の探しを有料的にお手伝いしますが、不動産屋の仲介手数料を別にします。
  • 必要な事務備品の購入

4,会社設立

  • 自宅または友たち、親族の住所を本店所在地として、会社設立をします。
  • 会社設立の流れ
  1. 定款作成、認証
  2. 資本金入金
  3. 法務局へ法人登記(会社設立登記は、本人または司法書士のみすることができます。つまり、弊所を代行することができません。しかし、設立登記書類の作成要領を提示するか司法書士の紹介をできます。)
  4. 税務署等への届出(税務に関する届出は、本人または司法書士のみすることができます。弊所を代行することができません。しかし、届出書類の作成要領を提示するか司法書士の紹介をできます。)

5,必要な場合には営業許可を取得します。

6,事務所への現地調査と写真撮影

7,経営管理ビザに関する申請書類を作成します。

8,最後に申請人が申請書にサイン・押印をしていただき、在留カードをいただきます。

9,経営管理ビザを申請代行します。

10、許可の場合、新たな在留カードを取り、申請人に送ります。

11、不許可の場合、不許可の理由を聞き、無料再申請をします

お問い合わせ

中国語対応可

営業時間10:00〜18:00
定休日土日祝日
TEL03-6907-1870
電話でのお問い合わせを希望するお客様は、
必ず事前にお問い合わせフォームやWeChat等の無料相談ツールを利用して通話相談を予約していただきますようお願いいたします。
微信agstokyo
FAX03-6907-1871
メールアドレスinfo@ags-japan.com
所在地東京都杉並区高円寺南1ー6ー5ー205
アクセス丸ノ内線「東高円寺」駅から徒歩1分

お問い合わせフォーム

当事務所へのお問い合わせ、ご質問等は下記のフォームにご入力ください。

ご入力いただきました個人情報は、お問い合わせ頂きました事項への回答送付の目的にのみ使用させて頂きます。

当事務所のアクセスについて、こちらにご確認ください。

 

もし面談ご希望になる場合、「お問い合わせ内容」にご希望の候補日時を三つをご提示ください。

※事情により、ご希望に合わない場合もございます。 予めご了承下さい。

※第1~第3までのご希望日は重ならない様、お願い致します。

※例:第1希望:2020.2.1 14時、第2希望:2020.2.2 16時、第3希望:2020.2.3 18時

中国語対応可

関連記事

経営・管理ビザの必要書類リスト

経営・管理ビザの必要書類リストの画像

経営・管理ビザの必要書類リスト

認定・変更申請の場合
在留資格認定証明書交付/変更許可申請書(AGS作成) 申請人の証明写真(縦4cm×横3cm) 返信用封筒/ハガキ パスポートのコピー 申請理由書(AGS作成) 事業計画書(...

技術・人文知識・国際業務ビザ申請の要件とポイント

技術・人文知識・国際業務ビザ申請の要件とポイントの画像

技術・人文知識・国際業務ビザ申請の要件とポイント

「技術・人文知識・国際業務」(以下「技人国」)ビザは、平成26年入管法改正により、「人文知識・国際業務」と「技術」の在留資格を一本化にしてできた在留資格です。しかし、技人国ビザに係る学歴又は実務...

技術・人文知識・国際業務ビザ申請不許可事例

技術・人文知識・国際業務ビザ申請不許可事例の画像

技術・人文知識・国際業務ビザ申請不許可事例

1,教育学部を卒業した者から,弁当の製造・販売業務を行っている企業との契約に基づき現場作業員として採用され,弁当加工工場において弁当の箱詰め作業に従事するとして申請があったが,当該業務は人文科学...