入国・在留審査要領の最新版に「官公署に提出する書類の作成は行政書士の独占業務である」旨が明記されたことについての会長談話

入国・在留審査要領の最新版に「官公署に提出する書類の作成は行政書士の独占業務である」旨が明記されたことについての会長談話

本年4月15日に『入国在留審査要領に「官公署に提出する書類の作成は行政書士の独占業務である」旨を明記する件についての会長談話』を発表しておりましたが、この度本会が開示請求していた入国・在留審査要領の最新版が開示され、「第2編 代理・申請取次ぎ」の「第1章 総則 2(2)」の注意書きにおいて以下が明記されておりますので、お知らせいたします。

弁護士及び行政書士以外の者が,申請書等の官公署に提出する書類の作成を報酬を得て業として行うことは行政書士法違反に当たるおそれがある(法律に特別の定めのある場合を除く。)ことに留意する必要がある。

今後も行政書士の独占業務を守り、さらには職域を拡大するために本会として活動していくとともに、日本行政書士会連合会と連携して行政書士制度の発展と行政書士の地位向上に努めてまいります。なお、行政書士業務を守ることが非行政書士排除につながり、これは依頼者からすれば適正な報酬で業務を依頼でき、また、行政書士の守秘義務によって依頼者の情報が保護されるなど、依頼者の利益に資することになります。

無料お問い合わせ(免費咨詢)

当事務所へのお問い合わせ、ご質問等は下記のフォームにご入力ください。

ご入力いただきました個人情報は、お問い合わせ頂きました事項への回答送付の目的にのみ使用させて頂きます。

当事務所のアクセスについて、こちらにご確認ください。

 

向本事務所咨詢、提問時,請填寫下方的咨詢記入欄。

其中填寫的個人信息,僅用於回答您所提出的問題,絕不用於其他的目的。

如果想拜訪本事務所,請參考此頁面

お問い合わせフォーム(咨詢表格)

もし面談ご希望になる場合、「お問い合わせ内容」にご希望の候補日時を三つをご提示ください。

※事情により、ご希望に合わない場合もございます。 予めご了承下さい。

※第1~第3までのご希望日は重ならない様、お願い致します。

※例:第1希望:2020.2.1 14時、第2希望:2020.2.2 16時、第3希望:2020.2.3 18時

 

想要直接預約面談的客人,請在【咨詢内容】内提供3個候補時間。

※由於某些原因,在希望的時間可能無法接受面談,請悉知。

※第1~第3的希望時間請不要重複。

※舉例:第1希望:2020.2.1 14點、第2希望:2020.2.2 16點、第3希望:2020.2.3 18點