完全解説!タピオカミルクティー店を開業して経営ビザを取得する方法

完全解説!タピオカミルクティー店を開業して経営ビザを取得する方法

2019年日本一大ブームとも言えることはタピオカミルクティーです。この中華圏から発祥した飲み物は日本において大きな人気を集めています。これからも、タピオカミルクティーの熱は長く続いていくでしょう。

タピオカブームの爆発とともに日本においてタピオカミルクティー店を開設して経営ビザを申請したい方もたくさん増えています。では、これからビザ申請の専門家である行政書士はタピオカ屋のオーナ様が経営ビザを申請するための手続やポイントなどを詳しく解説します。

一、会社設立

個人事業主として経営ビザを申請することが可能ですが、実際に難しいです。そのため会社を設立することがお勧めします。では、会社設立について下記のことをご注意ください。

  1. 事務所が必要となります。事務所について様々な入管上の条件がございます。

まず、自宅と別に事務所を確保しなければなりません。一戸建ての場合には、別々の階や入口などのような厳しい条件があります。

事務所の広さは、事業の内容や勤務の人数を合わせて充分なスペースを確保しなければなれません。例えば、社員数は3人の場合には、3人が勤務することができる広さを求められます。

事務所は完全独立の個室でなければなりません。シェアオフィスなどの完全個室ではないオフィスは経営ビザの取得にとってはマイナスになります。完全個室であるレンタルオフィスは大丈夫です。

事業の内容により、充分な事務備品を確保しなければなりません。例えば、パソコンやコピー機、事務机、事務椅子、事務文房具など。

事務所は購入することがもちろん大丈夫です。賃貸事務所も問題ございません。しかし、賃貸事務所の場合に事務所の賃貸期間は1年以上でなければ、経営ビザの取得にとってはマイナスになります。

最後、タピオカミルクティー店という店舗型の事業の場合、事務所は店舗内に設置することも可能です。なお、充分なスペースや完全個室、事務備品の確保などの条件は同じです。ただし、店舗の面積が狭いことや家賃が高いことなど店舗内に事務所を設置するのがあまり向いていない場合もあります。

  1. 会社を設立します。

事務所を確保した後、会社設立の手続を進みます。手続は一般的にまず会社の名称や目的などの要項を決めて、司法書士の協力をもらって法務局で登記の申請をしてから大体1週間後に設立が完了します。この時点から会社が適法的に運営することができます。

経営者は会社を成立してから会社を経営することが可能ですが、経営ビザを取得する前に会社から給料をもらうことができません。

二、店舗の確保

タピオカミルクティー店は店舗型の事業ですので、店舗を確保しないと経営ビザを取得できません。入管上には適切な店舗があれば条件を満たしますが、現在タピオカブームの原因で店舗探しは実に大変苦労で、時間も結構かかります。特に東京において、店舗がなかなか見つけられないためにタピオカミルクティー店の経営を放棄した方も実にたくさんいます。

三、店舗の内装および飲食店営業許可

店舗の内装について入管上には特に要求がなく自由に内装できます。ただし、店舗の内装や設備などは飲食店営業許可の取得に関係がありますので、営業許可の要件に満たしないといけません。飲食店営業許可は店舗のレイアウト、設備、内装の材料などにつきまして様々な要求があります。さらに地域によって規定は若干の違いがありますので、内装の前に図面をもって管轄の保健所で相談することがおすすめします。

四、その他の営業準備

  1. タピオカミルクティーを作れるために、機械設備や原材料などが必要となります。さらに安定的な運営のため、原材料や消耗品の仕入れルードも確保しなければなりません。
  2. 経営者は店で働くことが入管は認められませんので、店員を確保しなければなりません。さらに店の営業時間を基づき、十分な店員の人数も要求されています。
  3. タピオカは現在ブームのため、たくさんの競合店は存在します。この競合店と競争する方法を考えて、有力な販売方針を確定しなければなりません。
  4. 経営者の経営経験、会社の経営資源、経営の方向、ターゲットの確保方法、宣伝の方針、可能性がある事業予算などの経営計画を考え、経営計画を作らなければなりません。

五、経営ビザの申請

経営準備が完了し、経営可能な状態になると経営ビザを申請することができます。最初は1年の在留期間の経営ビザをもらいます。これから入管は経営の状態や事業の安定性、会社の規模など様々な角度から考慮して3年さらに5年の経営ビザを与えます。

六、Q&A

  1. Q:着手から経営ビザを取得するまで、どのぐらいかかりますか?

A:私はどのぐらいの時間を必要となる質問はよく聞かれます。実は、ケースによって結構差が存在します。特に店舗の確保は最も時間が必要となることではないかと思っております。そして、資金の調達や内装、海外にある原材料の輸入など時間をかかる手続が結構あります。なお、入管の審査時間は1ヶ月をかかった場合があり、6ヶ月までかかった場合もありますので、不確定性が非常に高いです。

目安は6ヶ月から1年のほうが良いでしょう。

  1. Q:経営ビザを申請するためにどのような書類が必要となりますか?

A:基本的な書類は入国管理局のホームページにおいて掲示されていますが、複雑な経営ビザの申請にとって実は足りないと思っております。なお、具体的にどのような書類が必要となるのは実際の業務の内容、経緯などの様々な要素を考慮しないと分かりませんので、ぜひ事業を始めるときから行政書士と相談することをお勧めします。

  1. Q2人が一緒にタピオカミルクティー店を開設したいですが、2人ともに経営ビザを申請することが可能でしょうか?

A:結論から言うと可能性はあります。ただし、厳しい要件をクリアしないと実際に難しいです。経営者が2人で一緒に経営ビザを申請するために、まずは1人に当たりの出資は500万円以上でなければなりません。そして、なるベル違う町で複数の店舗を開設し、それぞれ事務所を設けるような条件を満たしたら、2人が一緒に経営ビザを取得することが可能となります。上記の例はただ1つの状況で、その他の状況でも複数の経営者が経営ビザを申請することが可能な場合もあります。

  1. Q:事務所および店舗のお探しについて、助けてもらいませんでしょうか?

A:当事務所は、提携している関係会社から頂く事務所や店舗の情報を提供することが可能です。

  1. Q:将来、タピオカブームが終わったら、私はその他の事業をしてもいいですか?

A:経営ビザは決してどのような事業をしなければならない制限がありません。理論的にどの事業でも経営することが可能です。したがって、タピオカミルクティー店の経営を放棄しても、安定性や継続性がある新事業を展開すれば経営ビザの更新は可能です。

無料お問い合わせ(免費咨詢)

当事務所へのお問い合わせ、ご質問等は下記のフォームにご入力ください。

ご入力いただきました個人情報は、お問い合わせ頂きました事項への回答送付の目的にのみ使用させて頂きます。

当事務所のアクセスについて、こちらにご確認ください。

 

向本事務所咨詢、提問時,請填寫下方的咨詢記入欄。

其中填寫的個人信息,僅用於回答您所提出的問題,絕不用於其他的目的。

如果想拜訪本事務所,請參考此頁面

お問い合わせフォーム(咨詢表格)

もし面談ご希望になる場合、「お問い合わせ内容」にご希望の候補日時を三つをご提示ください。

※事情により、ご希望に合わない場合もございます。 予めご了承下さい。

※第1~第3までのご希望日は重ならない様、お願い致します。

※例:第1希望:2020.2.1 14時、第2希望:2020.2.2 16時、第3希望:2020.2.3 18時

 

想要直接預約面談的客人,請在【咨詢内容】内提供3個候補時間。

※由於某些原因,在希望的時間可能無法接受面談,請悉知。

※第1~第3的希望時間請不要重複。

※舉例:第1希望:2020.2.1 14點、第2希望:2020.2.2 16點、第3希望:2020.2.3 18點