6ヶ月経営準備ビザのデメリット


お問い合わせ

03-6907-1870

微信:wushaohan88
相談初回無料 中国語対応可
営業時間:10:00〜18:00 (定休日:土日祝日)


お問い合わせ

03-6907-1870

微信:wushaohan88
相談初回無料 中国語対応可

営業時間:10:00〜18:00 (定休日:土日祝日)

6ヶ月経営準備ビザのデメリット

今の時点では、6ヶ月経営準備ビザがいくつのデメリットを存在します。

1.ビザ申請は2回があります。

まず、経営準備ビザを申請し取得してから6ヶ月以内に一般的な経営ビザを申請しなければなりません。その故、書類の作成や準備も2回の手間をかかります。

2.面接があります。

一般的な経営ビザの審査はすべて書類審査に対し、6ヶ月経営準備ビザを申請する場合に東京都などの行政機関が行う面接を受けなければなりません。この面接は審査結果に対して実質的な意味がありますので、専門家なしに申請することは難度が高くなるかもしれません。

3.実際的に一般的な経営ビザよりもっと時間や手間をかかるかもしれません。

 一般的な経営ビザを申請する場合、本事務所の経験上にはおよそ半年をかかるケースが多いですが、こちらは相談から経営ビザを取得するまでの総時間となります。

しかし、6ヶ月経営準備ビザの場合、最初の相談から経営準備ビザを申請するまで書類の準備や作成などは2週間~1ヶ月くらいをかかります。そして東京都や入管の審査は大体2か月かかります。そこから経営準備ビザを取って来日し6ヶ月の経営準備を経て一般的な経営ビザを申請します。この審査時間は1か月をかかるでしょう。

つまり、経営準備ビザを利用して経営ビザを申請することが実際に10ヶ月以上をかからなければ一般的な経営ビザを取得できないかもしれません。

4.6か月以内に経営準備を完了できなければ、帰国しなければなりません。

 非常に準備時間が長い事業であり、6ヶ月以内にすべての事業準備を済むことが難しいケースは、この経営準備ビザをお勧めできません。

お問い合わせ

中国語対応可

電話03ー6907ー1870
微信wushaohan88
営業時間10:00〜18:00
定休日土日祝日
FAX03ー6907ー1871
メールアドレスinfo@ags-japan.com
所在地東京都杉並区高円寺南1ー6ー5ー205
アクセス丸ノ内線「東高円寺」駅から徒歩1分

お問い合わせフォーム