日本の会社印鑑は一体何でしょか?

日本の会社印鑑は一体何でしょか?

日本はサインではなく印鑑社会ですので、会社も個人と同じく実印などの印鑑を作成しなければなりません。では、会社の印鑑を作る場合には注意すべきことはなんでしょか?

会社実印(代表者印):

会社の実印がなければ、会社の登記手続きを完了できません。

会社実印は一般的に丸いタイプで、周りは会社の社名で真ん中は「代表取締役印」などの文字がある印鑑です。会社実印は会社名義の契約書や登記申請などの大事な場合によく使われますので、会社の一番大事な印鑑でも言えます。

会社銀行印:

会社の銀行印は法的に必要ではないですが、一般的に作成されます。会社は法人口座を開設する場合には印鑑を登録しなければなりません。会社実印を銀行印として併用する会社もありますが、やはり会社実印は大事な印鑑ですので、頻繁に使われると壊れたりなくなったりする可能性が高くなりますからおすすめはしません。銀行印は会社実印とほぼ同じな構造で、真ん中には「銀行印」の文字があります。

会社角印:

角印を作って一般的な場面で実印を代わり使われる印鑑です。会社の実印は大事な印鑑ですので、すべての場面で使われると消耗が進んで、会社が大きくなると不便です。そのため、例えば領収書や会社のお知らせなどの一般的な場面では実印ではなく角印を使われることが多いです。角印は正方形の印鑑で、会社名の文字がある印鑑が一般的です。

ゴム印:

封筒や書類にはよく会社の名称や住所、電話などを書く必要になる場合があります。この場合には一々手書きすることは効率的によくないですので、ゴム印をよく使われます。コム印は一般的に長方形で、会社の名称や住所などの情報がある印鑑です。

会社の印鑑はサイズや材質などの区別があります。当事務所は印鑑の作成をサポートしますから、お悩みがある方はぜひ一度ご相談ください。

お問い合わせ

中国語対応可

微信agstokyo
営業時間10:00〜18:00
定休日土日祝日
TEL03-6907-1870
電話でのご相談は相談料金を請求する場合があります。
お問い合わせフォーム等の無料相談方法のご利用をおすすめします。
FAX03-6907-1871
メールアドレスinfo@ags-japan.com
所在地東京都杉並区高円寺南1ー6ー5ー205
アクセス丸ノ内線「東高円寺」駅から徒歩1分

お問い合わせフォーム

当事務所へのお問い合わせ、ご質問等は下記のフォームにご入力ください。

ご入力いただきました個人情報は、お問い合わせ頂きました事項への回答送付の目的にのみ使用させて頂きます。

当事務所のアクセスについて、こちらにご確認ください。

 

もし面談ご希望になる場合、「お問い合わせ内容」にご希望の候補日時を三つをご提示ください。

※事情により、ご希望に合わない場合もございます。 予めご了承下さい。

※第1~第3までのご希望日は重ならない様、お願い致します。

※例:第1希望:2020.2.1 14時、第2希望:2020.2.2 16時、第3希望:2020.2.3 18時

中国語対応可