経営管理ビザ申請実例|行政書士AGS総合事務所

申請事例

当サイトにて掲載されている申請事例については、当事務所が実際に申請した案件をモデルとして作成されました。ただし、申請人及び申請会社のプライバシーを保護するために、特定の申請人や案件を表現することが一切ございません。

母国にて自社販売サイトを立ち上げ、日本の商品を海外へ

日本語学校を卒業してから、日本人のパートナーと一緒に母国で通信販売サイトを作成し、日本のアマゾンや楽天市場から商品を仕入れて海外に輸出販売します。日本語能力は少しい足りないですが、日本人パートナーからの支援と本人の過去の職歴を活かして経営・管理ビザを取得しました。

海外の有名ブランド品を日本で安売り

過去ヨーロッパでの留学経験があり、日本の会社を退職してからヨーロッパ製のブランド品の通信販売業を立ち上げます。独自のルートから安くブランド品を仕入れて、競争力が高くなり、営業利益を確実に獲得しました。

東京都6月創業ビザを申請し、日本のタピオカミルクティーブームを乗り

過去日本での留学経験があり、タピオカミルクティービームの兆しを感じて東京においてタピオカミルクティー専門店を開業することを決めました。開店のためにたくさんの事前の準備をしなければならないので、東京都6月創業ビザを取り、その後無事1年の経営・管理ビザを取得しました。

実務経験を活かし、最新のインフルエンザ広告会社を立ち上げ

海外のインフルエンザを育成してインターネット広告を作る会社において数年間働いていました。その実務経験を活かして日本においてインターネット広告会社を設立します。設立当初でも、カメラマン、記事ライターなどのスタッフ完備、入国管理局の審査時間はただ2週間でした。

鉱石の国際貿易事業、日本へ初進出

数十年間鉱石の国際貿易の事業を営む上場企業の経営者は日本の市場の需要を意識し、日本において会社を立ち上げ、鉱石を日本へ輸出します。日本のパートナーの協力の上で、申請人は家族3人とともに申請し、4人のビザを一緒に取得しました。

子供のイベント事業の専門家、日本の子供たちの笑顔のために

長年海外において子供のためのイベントを開催し、たくさんの子供の成長に貢献した専門家は、日本の子供もその独自開発しているイベントを参加させるために日本で会社を設立しました。日本のイベント開催施設と契約を締結し、自社のイベントプランを丁寧に説明したうえ、経営・管理ビザを取得しました。

ITベンチャー企業は環境保護のために建物の省エネシステムを日本へ導入

建物の省エネシステムを開発している海外ITベンチャー企業は、そのシステムを日本へ導入するために、東京都6月創業ビザを申請し、日本で会社を設立しました。日本のIT人材も雇用し、省エネ成功料金制度も採用し独自のビジネスモデルも確立して無事1年の経営・管理ビザも取得しました。

東京一等地でホテルを建設し、ホテル業の革命児を目指し

海外のホテルを経営しているベテラン経営者は東京の一等地で最新のホテルを建設し、最低限のスタッフで低価格、上質なサービスを提供できるホテルを作ります。1年以上のホテルの建設を経て、ホテル営業許可を取得し、ホテルを開業してから経営・管理ビザを申請し、無事取得しました。

有名な出版プロデューサー、海外のベストセラーを日本への出版の道

海外において多数のベストセラーの出版をプロデュースした方は、日本において出版社を立ち上げ、海外のベストセラーを翻訳し日本にて出版します。ご自身の過去の実績および数多くの書籍の出版権を疎明し、経営・管理ビザを取得しました。

通信販売の専門家、ただ1年で数億円の巨額売上高を達成

長年に国際的大手EC会社で勤めてきて、通信販売業のノウハウを身に着けてから、通信販売会社を設立し、経営者として再出発します。専門的知識及び実務経験を活かし、経営・管理ビザを取ってからただ創業1年で数億円の売上高を達成しました。

職人の精神をもって、町1番のアイスクリーム屋へのチャレンジ

昔から食品開発や物づくりのことが大好きな方は、住宅地の繁華街においてアイスクリーム屋を開業しました。仕入れた高級アイスクリームをベースとしてフルーツやパンなどの食材を加えて独自の商品を開発しました。経営・管理ビザを取ってから本格的商売を始め、町の子供や主婦から高い評価を得られているようです。

フルーツデザート専門店、目指すことはフランチャイズ

沢山の新鮮フルーツがあるデザートを販売する専門店を開業します。商品は鮮やかな色で、おしゃれなデザインがあるため、若者たちから大きな支持を得られて、インスタ映えにも注目されます。経営・管理ビザを取ってから順調に事業を進んでいき、今後フランチャイズを展開する予定もあるようです。

お問い合わせ

中国語対応可

営業時間10:00〜18:00
定休日土日祝日
TEL03-6907-1870
電話でのお問い合わせを希望するお客様は、
必ず事前にお問い合わせフォームやWeChat等の無料相談ツールを利用して通話相談を予約していただきますようお願いいたします。
微信agstokyo
FAX03-6907-1871
メールアドレスinfo@ags-japan.com
所在地東京都杉並区高円寺南1ー6ー5ー205
アクセス丸ノ内線「東高円寺」駅から徒歩1分

お問い合わせフォーム

当事務所へのお問い合わせ、ご質問等は下記のフォームにご入力ください。

ご入力いただきました個人情報は、お問い合わせ頂きました事項への回答送付の目的にのみ使用させて頂きます。

当事務所のアクセスについて、こちらにご確認ください。

中国語対応可